ソーシャルアパートメント

シェアハウスよりもプライベートな空間を重視する人に選ばれているのが、ソーシャルアパートメントです。シェアハウスは10人以下の人が共同で暮らす賃貸住宅のことで、各自の個室または共同の部屋と、共有スペースが設けられています。その一方で、ソーシャルアパートメントは規模が大きく、マンションに共有スペースが付いているような感覚です。そのため必然的に利用人数は多くなり、100人近く共同で住むソーシャルアパートメントもあります。シェアハウスとソーシャルアパートメントの違いは人数だけでなく、個室の作りも違っています。シェアハウスは一戸建ての個室のような感覚で、ソーシャルアパートメントは通常の賃貸住宅のようにプライベートな空間です。キッチンなどの水回りが個室に設けられるソーシャルアパートメントもあり、共有スペースが別途存在するという感覚です。

ソーシャルアパートメントの魅力は、共有スペースが充実していることです。大人数が共有できるスペースのため広々としていて、設備も充実しています。大人数で映画を見たり、スポーツを楽しんだり、料理を楽しんだりできるようになっています。人数が多ければ、共有スペースに集まる人もいろいろな人がいるため、特定の人との触れ合いだけでなく、幅広い人と交流したい人に向いています。特定の人に縛られる必要もなければ、1人になりたいときはプライベートを守る過ごし方も可能です。シェアハウスもソーシャルアパートメントも多くの人と交流できることには変わりはありませんが、すべてをシェアする考えではない人はソーシャルアパートメントを選びましょう。ソーシャルアパートメントの特徴を紹介します。